頭皮のにおいを改善するシャンプーの仕方とは?

頭のにおい

頭のにおいには「髪から」におうものと、「頭皮から」におうものの2種類に分けられます。
髪の毛のにおいは、タバコや料理などのにおいが髪につくことが原因です。

 

元々髪はにおいが付きやすく、髪の長い人であれば体と同じくらいの表面積があると言われています。
ダメージのある髪であれば、髪表面を覆うキューティクルが開いているためにおいの分子が入り込んでしまい、においが発生しやすくなります。

 

また、頭皮のにおいには、汚れが蓄積したり皮脂の酸化、頭皮の炎症などが原因に挙げられます。

 

頭のにおいの原因は色々とありますが、まずは頭皮からなのか、髪からなのか、においの発生元を確かめる必要があります。
よくある原因をいくつか例に挙げて、それの対処法を紹介していきましょう。

 

汗によるにおい

体の中で最も皮脂腺が集まっているのが頭皮です。汗が原因のにおいでは、頭皮で汗と皮脂が混ざり合って酸化することでにおいを発します。帽子などで頭を長時間覆っている人はにおがきつくなるようです。
汗によってにおう頭皮には、シャンプーで頭皮の汚れや皮脂をきれいに洗い流すことで改善されます。
ただ、1日に何度もシャンプーをしては頭皮の皮脂を過剰に取り除いてしまうので、頭皮の乾燥に繋がってしまいます。適度な皮脂を残すことで頭皮が保湿された状態になるので、過剰に皮脂を取らないように注意しましょう。
特に暑い夏に汗をかいたときは、シャンプーは使わずにシャワーで流すだけで十分です。

 

頭皮の炎症によるにおい

頭皮に炎症があると、頭皮のにおいはきつくなってしまいます。炎症の原因には、過度なシャンプーや紫外線、頭皮の不潔さがあります。
かゆみや湿疹などを長い期間そのままにしておくと、無意識に頭をかいたことで頭皮を傷つけて炎症を悪化させることも考えられます。
特に”脂漏性湿疹”は薄毛などにも発展する可能性がありますので、それを抑える抗炎症作用のあるシャンプーや、刺激がほとんど無いアミノ酸系のシャンプーなどがオススメです。

 

脂漏性湿疹…皮脂腺が多く分泌の多い場所に発生し、かゆみ、赤み、皮膚のかさつきなどが起こります。皮膚が剥がれることもあるので頭にできたときにフケ症と思い込む人が多いようです。

 

正しいシャンプーの仕方

間違ったシャンプーの仕方も頭皮がにおう原因の1つとして考えられます。
その中でも多いのがすすぎ残しによるもの。

 

一般的なシャンプーの洗浄成分には洗浄力が強く刺激も強い高級アルコール系と呼ばれるものが使用されていますが、
すすぎ残しがよくあるようです。

 

シャンプーの成分が残った部分から雑菌が繁殖してしまい、これがにおいを発生させてしまいます。
シャンプーをしたら2分〜3分は丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

 

育毛シャンプー おすすめ 選び方